訪問看護・介護ステーション サンケアネット|東村山市

東京都東村山市の訪問看護・介護ステーション サンケアネットは、介護技術のエキスパート集団を目指しています。

ホーム ≫ 訪問看護・介護事業 ≫

サンケアネットの訪問看護・介護事業

訪問看護事業

訪問看護事業

私達、訪問看護・介護ステーション サンケアネットの訪問看護は介護保険法に基づく高齢者訪問看護・予防訪問看護と自立支援法に基づく精神訪問看護の2種類のサービスを提供しております。
高齢者の皆様が在宅でご不自由なく生活していただく為に医師の指示の元、体調や体の変化、服薬についての管理を行います。体調の変化や食事の内容等を医学的見地より判断し、医療機関受診や生活のアドバイスを行う事、訪問介護のヘルパーや居宅介護支援事業所のケアマネジャー、主治医、病院との連携を密にし、不測の事態にも早急に対応ができる体制を整えております。特に独居のご利用者様には24時間緊急対応のご用意もありますので、体調や生活にご不安の方はお申し出ください。

一方、自立支援法に基づく精神訪問看護におきましては、ご利用者様の社会生活や漫然としたご自身の生活状況のお悩みなどについて、将来のご利用者様のあるべき未来像を元に共に考え、アドバイスをさせていただきます。
時には振り返って考え直してみたり、後ろ向きの考えのようなアドバスもあるかもしれませんが、決して諦めずに問題の解決を図る努力をしてまいりますので、私たちと一緒に歩んで行きましょう。

訪問介護事業

訪問介護事業

介護保険法に基づく高齢者訪問介護・総合事業です。
高齢者の皆様が在宅でご不自由なく生活していただくため、生活全般のお手伝いをさせていただきます。もちろん、これまでにご自身ができる事はご自身でやっていただき、できない事ややりにくい事をお手伝いさせていただきます。
また、ご家族様の介護負担を減らしていくことも我々の目的の一つですが、決して我々が代わりに行うのではなく、ご家族様にもプロの技を習得いただくべくアドバイスをしていき、私たちがいない時でも、介護負担が少しでも軽減できるようにしてまいりたいと考えます。 
訪問看護・介護ステーションサンケアネットは介護のプロであり、自分たちの技量に自信を持ってサービスの提供をしております。決して、何でもやってあげる、お手伝いさんではありません。

スタッフの声

新井看護部管理者

新井智恵美 共同代表・訪問看護部管理者・居宅介護支援部管理者

看護師・居宅介護支援専門員

私たち看護部は、ご利用者様が住み慣れた地域やご自宅で、その人らしく穏やかに社会生活が送れ、また、自立した生活が送れるように支援する事を目標にしています。
そのためにご利用者の自己決定権を重視し、主体的に在宅生活を送る事ができるように、医療機関及び事業所内他部門(弊社介護部・居宅介護支援部)と協力・連携をしながら、チームケアによる質の高いサービス提供が行え、自立を目的としてご利用者様を支えていくことを目指しています。

田宮統括管理者

田宮良 介護部統括管理者

介護福祉士

私たち介護部は介護保険制度、障害者総合支援法の趣旨を理解し、職員一人ひとりがその利用者に対してより良いサービスができるように、日々自立支援を念頭に置いて支援しています。
私たちは「やってあげる支援」から、「共にやっていく支援(自立支援)」を目指しています。
自社内他部門の訪問看護部・居宅介護支援部と協力・連携し、制度で補えないサービスも含め、その住み慣れた町で生活が営めるように支えていくことが私たちの使命と考えております。

斎藤副統括管理者

齋藤いずみ 介護部副管理者

介護福祉士

「やっぱり家がいい」地域に根差す、事業所を目指して。
サンケアネットは事務局、看護部、介護部、居宅介護支援部に分かれ、それぞれの専門スタッフがご利用者に対応しています。
住み慣れた地域や自宅でできる限り長く暮らしたい、と願う皆様の気持ちに寄り添った看護・介護を行っています。
もっと自分らしくいられる場所、「家」での生活に意欲や笑顔が生まれるよう、これからもサービス提供を続けていきたいと思います。

久保サービス提供責任者長

久保三津子 介護部 サービス提供責任者長

介護福祉士

私が介護の仕事につくきっかけは、祖母が介護の仕事をしており、私も同じ仕事をしてみたいと子供の頃から思っておりました。
介護の仕事についてから15年の歳月が流れ、サンケアネットではサービス提供責任者長を拝命しました。
自分では、まだまだ、勉強が足りないと感じておりますが利用者様の生活の一助になれるよう精いっぱい支援をさせていただきますのでよろしくお願いします。
介護保険制度・障害者総合支援法の制度理解をし、チーム連携にてサービスの提供を行う為、日々、業務の中でスタッフ全員の意見交換をしながら、技術の向上に努めております。

野木代表兼経営企画事務局長

野木宏史 共同代表 経営企画事務局長 

介護福祉士

サンケアネットでは利用者様と共に未来を創造します。
居宅介護部(同行援護・障害者生活支援サービス)・訪問看護部・訪問介護部・居宅介護支援部、そして介護保険・障害者総合支援法で対応できない全ての生活全般サービスを自費にてお受けする自費サービス部を併設し、ご利用者様が快適な生活を送る上で計画から日常のすべてに私たちが連携して利用者様と共に歩んでまいります。
ぜひ、私たちと共に未来へ歩いてきましょう。
皆さまとの出会いを心よりお待ちしております。

大越実務者

大越政子 介護部 ヘルパー

実務者研修修了者

ヘルパーになってから3年が経ちました。利用者様に育てていただいた3年間です。
最初はがむしゃらでしたが、最近ではようやく、肩の力も少し抜け、先輩方の教えが自分のものになりかけて来たように思えます。
生意気な事を申し上げるようですが、この仕事は利用者様とヘルパーの信頼関係がとても大切な要素であると思います。なかなか、すぐには信頼関係は築けませんが、一生懸命向き合って仕事をしておりますとしっかりと見ていてくれる人は必ずいます。これが日々の積み重ねだと感じるようになりました。
「継続は力なり」を私のモットーにこれからも精進していきたいと思います。
 

ご利用の流れ

介護や生活援助が必要になった時(ご家族・親戚・病院関係者様・その他)、初めて制度を利用される方の場合

①お問い合わせ
お住まいの行政区(区役所・市役所等)にご連絡、或いはサンケアネットにご連絡をお願いします(電話・メール・区市役所やサンケアネットに来訪等)。

お問い合わせはこちら
②ヒアリング
現在の状況をお話ください。行政手続きや何が必要な事かは、ご相談のご連絡をいただいた時にご案内申し上げます。
③状況確認
お話をいただきました内容から、ご自宅に訪問をさせていただき、ご本人様の状況を確認した上でより詳しい要望をヒアリングさせていただきます。
ここまでで時間的には1日~3日以内に対応できる内容をご提示できます。
④サービス計画作成の準備
ヒアリング後、計画を作成するために、必要な関係者を抽出します。介護保険利用であれば居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)、障害者総合支援法利用であれば居宅介護相談員となります。
⑤認定調査・行政手続き
ケアマネジャー・居宅相談員に相談内容を伝え、ご利用者様にご紹介をいたします。
その後、介護保険利用の場合、ケアマネジャー主導のもと、認定調査へ。
障害者総合支援法利用の場合は、居宅相談員が各自治体の障害支援課による障害者受給者証の発行手続きのための準備となります(発行手続きでは少々、お時間がかかる場合がございますので、ご注意ください)。
上記手続きに関しましては、お住いの自治体でも相談業務がありますので、私どもまたは、市役所へご相談ください。
⑥サービス計画の作成
行政手続き完了後、ケアマネジャーまたは相談員から生活介護の計画が出ますのでその計画に従い、私たちのサービス提供計画を作成し、各計画者の了解を持ってサービスの開始となります(ご利用者様にケアマネジャーまたは相談員からサービスの提供依頼があった場合、ご利用者様にはサンケアネットとのサービス提供契約が必要となります)。
⑦ご利用開始

初めて介護保険法や自立支援法のサービスを利用する場合は、認定等の行政調査でお時間を要します。予めご了承ください。
既に介護認定や障害者受給時間をお持ちの方は、サンケアネットとサービス利用契約のみとなりますので、認定期間中であれば契約次第、サービスの提供を受ける事が可能です。

お問い合わせはこちら

訪問看護・介護ステーション サンケアネット

ノアコーポレーション合同会社
〒189-0001東京都東村山市
秋津町2丁目31-18
KタウンA棟1号室

電話番号
042-313-0575

FAX番号
042-313-0595

営業時間 9:00~18:00

定休日 年中無休

会社概要はこちら

モバイルサイト

訪問看護・介護ステーション サンケアネットスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら